PROLILE

北川 恵  Megumi Kitagawa

セラピスト・ライフクリエーター

私は、幼い頃から人見知り、人前では控え目な女の子でした。しっかり者のお母さんの言うことを聞き、妹のお世話をする、いわゆるいい子でした。
母からは『他人に迷惑を掛けてはいけない』『他人からどう見られているかを気にしなさい』と言われながら育ち、他人の目を気にして、自分を表現してはいけないと思い込んでいました。
周りの人に合わせることにばかり意識を向け、相手と会話していても、その相手が次に何というかを考えることに集中して、自分がどう思うかは後回しでした。

学生時代は、女子の仲良しグループにいられるように、話を合わせることにばかり意識を向けていました。相手が思っていることと違うことを発言してはならないと。

そんな風に生きていくと、自分が何をしたいのか、どうしたいのか、何が食べたいのかもよく分からなくなっていました。
友達とランチに行っても、オーダーするメニューを自分で決めることが難しく、一緒に行った人と『私も同じのにする~』が定番でした。

大学も就職も親が喜びそうなところへ、誰かが『ここがいいよ』って言ったところへ。

愛がよくわからないまま恋愛をして、
自分に欠落している『意志の強い人』に憧れ、結婚することに。意志が強く、何でもスパッと決めてくれ、優しい旦那さんとの生活。
優しいはずだった旦那さんが、なぜか威圧的になり、怒り出すことが増えていく。
自分の軸がないから、すぐ相手の下に潜り込もうとしてしまう。
『私が我慢して丸く収めればうまくいく』と、自分の気持ちを感じないようにして、何とかうまく取り繕う毎日でした。

『どうせ分かってくれないんでしょ』『どうせ私が悪いと責められるんでしょ』と拗らせ、きちんと話し合うこともせずに、自分を犠牲者として、下手に出ながらも、夫を敵対視(心の中で攻撃)。

そんな中、『赤ちゃんができたら、また優しい旦那さんになってくれるかも・・・』
と淡い期待を抱き、結婚10年目で妊活スタート。
赤ちゃんができたらもっと優しくなってくれると思っていたのに、そんなうまくはいきませんでした。

里帰り出産をしたため、出産前に参加した母親学級(両親学級)では、私だけ旦那さんがいなく1人ぼっちで参加。とてもみじめな気分でした。
出産の時も、すぐに駆け付けてくれるでもなく、母が代わりに立ち会ってくれました。出産後、すぐに駆けつけてくれたのが妹の旦那さん。助産師さんに、パパと間違われて、とっても寂しかった。

赤ちゃんができたからといって、夫が子育てに協力してくれることもなく、ワンオペ育児。
子供はギャーギャー喚き、私は自分が責められているように感じて、どんどん苦しくなっていきました。

夫と2人で暮らしていた時は、自分の感情を感じないようにして、何とかうまく取り繕うことができていたのに・・・
子育てでは、そうもいきません。
何とか幸せな育児をしたいと、子育て本を読み漁ったり、地域の無料の子育て講座に参加したりしましたが・・・
結局、私の育て方が悪いんだと、自己嫌悪や夫や子供に責任をなすりつけるような気持ちが大きくなるばかりでした。

『ダメなママ』『私が至らないから子供がこんなふうになってしまう』『旦那が協力してくれないから』
そんな思いで押しつぶされそうになるばかり。

他の家族が仲良しなのに、なぜうちはうまくいかないんだ・・・
幸せそうな家族を見ると、苦しくて苦しくて・・・

そんなに苦しい状況なのに・・・
ママ友にはこんな胸の内など、決して知られてはならないと、仲の良い家族を演じようと必死でした。

ニコニコしながらも、ママ友と一緒にいる時間が苦痛でした。他の子と我が子を比べては、できないことばかりに注目して、心の中でイライラ。
一緒にいるママ友や子供たちに迷惑を掛けないように、ペースを合わせるように、我が子をコントロールしつづけていました。
今考えると、どうでもいいようなことをやめさせようとしたり、叱ったりしていました。

そうするほどに、我が子との関係がどんどん悪化していきました。
我が子が思春期を迎える頃には、家の中で暴れて押さえられないような状況にまでなっていました。
もうどうしようもない・・・
逃げ出したい・・・
生きているのが辛い・・・
と思い悩んでいた時、1本の動画に出会いました。

これまで読んできた本、子育て講座とは、全く違うアプローチ。
なぜか どうしても私に必要だと思ってしまい、そのメソッドを学ぶことに決意したのです。

それまで、自分のためにお金を使うことに抵抗があり、ましてや 自分の学びにお金を掛けるなんて絶対にできないことだったのです。
でも、何かに突き動かされるように、何とかお金をかき集め、受講することができたのです。
今思うと、自分で決めることがあんなに苦手だった私が、よくぞ決心してくれた!!と自分を褒めてあげたい瞬間です。

受講1回目、帰宅すると、なんと夫が洗濯物を畳んでいるではありませんか???
家事を一切やったことのない夫が・・・
心の中で『何があったーーー???』と動揺を隠せないほどの驚きでした。

息子の方は、あれだけギャーギャー喚きながら、私にまとわりついて、刺激してきていたのに、拍子抜けするほどに落ち着いているのです。

学びを深めていくほどに、気付いたら
あんなに憎み、敵対視していた夫に・・・
今では、『かわいい』って思えている自分にビックリ。

そして、自分というものがすっかり欠落していた私が!!
自分がやりたいこと、夢が湧き出てきていたのです。
その夢に必要なパーツがどんどん揃い、何かに後押しされるかのように、夢が叶っていくのです。

1本の動画との出会いから始まった学びに加え、更に心理学・脳科学・量子力学・胎内記憶など多くの学びを重ね、私たちが本気で幸せに生きるメソッドを構築することができました。

【人生は自分で創る】

私がこの苦しみから抜け出せたのは、実は『自分』!!
周りの人をどうこうしようとするのは、とても難しいことだけれど、『自分を変える』のは、自分で決められます。

このような経験から、現在では『Oto no ha Healing』の屋号で、心理セラピスト・ライフクリエイターとして、過去の私のように悩む女性が本来持っている輝きを引き出し、輝く未来へ進むサポートをさせていただいています。

これまで、セッションをさせていく中で、重い悩みを抱えてこられるクライアントさんがキラキラ輝き出していく場面に多く立ち会わせていただいています。

私もとても幸せに感じる瞬間です。
こんな方法があるなら、もっと早く知りたかった!!
過去の私のようにあんなに悩み苦しまなくてもいいのです!!

悩みが無くなるどころか・・・

悩んでいる場合ではないのです!!

自分が叶えたい夢が明確になり、その夢に必要なパーツがどんどん揃っていく。
何かに後押しされるかのように、夢がかなっていくのです。

自分が思い描いたように自由に生きられるようになるのです。

そう!!次はあなたの番です!!